独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

病院概要

院長挨拶

院長

当院は1917年に本邦初の公立結核療養所として開設され、昭和40年代には1000床以上の病床を有する全国有数の結核療養施設でしたが、時代の変化とともに結核診療から、呼吸器疾患全般、神経筋疾患、筋ジストロフィー、慢性関節リウマチ、脊椎・関節疾患の専門施設へと変貌してきました。2019年に結核病棟を閉鎖し、病院名も刀根山病院から大阪刀根山医療センターに変更しました。

現在、呼吸器疾患に対しては、呼吸器内科、呼吸器腫瘍内科、呼吸器外科の3つの診療科が肺癌、間質性肺炎、肺気腫、喘息、気胸、非結核性抗酸菌症、肺真菌症などを幅広く診療しております。呼吸器疾患に対する薬物治療の発展は急速であり、特に肺癌に対する新薬は毎年のように開発されています。当院も癌免疫療法薬などの新薬による最先端の診療を行っています。非結核性抗酸菌症の患者数は現在増加傾向にあり、当院では多数の患者さんに対してエビデンスに基づいた薬物療法を実践しております。呼吸器外科では低侵襲の胸腔鏡手術を定型的術式としておりますが、単孔式胸腔鏡手術という切開創一つで行う非常に低侵襲な術式も行っています。

脳神経内科は、筋ジストロフィー、ALS、パーキンソン病、重症筋無力症などの難病を中心に診療しております。脳神経内科領域でも薬物治療の進歩が顕著で、新薬の臨床試験に取り組むとともに、ロボットスーツHALによる歩行リハビリなどの新たな理学療法を行っています。

整形外科でも、脊椎・関節の疾患に対する内視鏡による手術を進めています。
慢性関節リウマチの当院での診療はこれまで整形外科単独で行っておりましたが、2020年から免疫アレルギー内科医も加わって、リウマチ診療を推進しています。免疫アレルギー内科医が在籍することにより、呼吸器疾患・脳神経疾患と関連する膠原病に対する診療も一層充実してきました。

もう一つの新たな取り組みは漢方です。2021年から漢方専門医による漢方内科外来を開設し、西洋医学では対応が難しい症状に対する治療を開始しました。

2020年春に新型コロナウイルスが全世界を襲いました。呼吸器専門医が多数在籍する当院は、社会的責務として早期からこの新興感染症の診療にも積極的に取り組み、ワクチン接種も実施してきました。新薬の開発も進んでおり、新型コロナ禍が早く終息することを祈っておりますが、先行きは未だ不透明です。With コロナ、 Post コロナの社会に病院全体で対応しながら、地域医療への貢献と先進医療の実践に尽力していくつもりです。

引き続き当院へのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

院長 奥村明之進

トップへ