独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

病院概要

病院概要

基本理念

生命を大切に、人権を尊重し、社会から信頼される最良、最適の医療をめざします。

運営方針

  • 病む人の立場を尊重した安全で安心できる医療の提供
  • 快適な医療環境の提供と健全な病院運営
  • 呼吸器疾患、神経・筋疾患及び骨・運動器疾患を中心と した専門医療の推進
  • 社会状況に対応した医療連携の強化
  • 臨床研究、職員研修の充実

管理者のご紹介

役 職 氏 名 英字表記
院 長 奥村 明之進 Meinoshin Okumura
副院長 藤村 晴俊 Harutoshi Fujimura
副院長 竹内 幸康 Yukiyasu Takeuchi
統括診療部長 森雅秀 Masahide Mori
臨床研究部長 松村 剛 Tsuyoshi Matsumura
事務部長 塩見 拓 Taku Shiomi
看護部長 澤本 万紀子 Makiko Sawamoto
薬剤部長 上野 裕之 Hiroyuki Ueno

トップへ

沿革

大正 6年 9月 1日 大阪市立刀根山療養所として創設
昭和 4年 4月 1日 大阪市立刀根山病院に名称変更
昭和 18 年 4月 1日 日本医療団に移管、日本医療団刀根山病院となる。
昭和 22 年 4月 1日 厚生省に移管、国立療養所刀根山病院として発足
平成 11 年 3月 呼吸器疾患、神経・筋疾患の専門医療施設となる。
平成 16 年 4月 1日 独立行政法人国立病院機構刀根山病院となる。
平成 20 年 4月 1日 臨床研究部の設置。
平成 31 年 4月 1日 独立行政法人国立病院機構大阪刀根山医療センターに名称変更
結核病棟を閉棟

主たる診療機能

  • 呼吸器疾患に関する専門的な医療を行う。
  • 神経・筋疾患(筋ジスを含む)に関する専門的な医療を行う。
  • 運動器疾患に関する専門的な医療を行う。

トップへ

病院概要

国立病院機構 大阪刀根山医療センターは、呼吸器疾患、神経・筋疾患(筋ジスを含む)、および骨・運動器(整形外科)疾患の専門病院として、おもに、呼吸器疾患については肺がん、非定型抗酸菌症、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺気腫、喘息、肺真菌症、肺線維症、慢性呼吸不全(在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法)、心肺不全、肺結核など、神経・筋疾患についてはパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、筋ジストロフィーなど、骨・運動器疾患については脊椎疾患、関節リウマチ、変形性関節症の疾病について、高度の診断と治療を行っています。

 

国立病院機構 大阪刀根山医療センターの概要

名称 独立行政法人国立病院機構 大阪刀根山医療センター
所在地 〒560-8552 大阪府豊中市刀根山5丁目1番1号
電話番号 TEL:06-6853-2001
FAX番号 FAX:06-6853-3127
病床数 410床(内訳)一般410床(筋ジス106床含む)
標榜診療科
(20診療科)
内科、(循環器内科)、(消化器内科)、脳神経内科、呼吸器内科、呼吸器腫瘍内科、呼吸器緩和ケア内科、小児神経内科、外科、整形外科、リウマチ科、呼吸器外科、(皮膚科)、(耳鼻いんこう科)、(眼科)、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、(歯科)、病理診断科
※小児神経内科は筋ジストロフィーの患者の治療を対象としている。
※( )内は入院患者の治療を対象としている。

トップへ

主な設備

トップへ

医学会認定研修等施設

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 呼吸器外科専門医制度基幹施設
  • 日本麻酔科学会認定研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本神経学会認定医制度教育施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本整形外科学会認定医制度研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設
  • 日本栄養療法推進協議会NST(栄養サポートチーム)稼働施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST(栄養サポートチーム)稼動施設
  • 日本緩和医療学会認定研修施設
  • 日本高血圧学会専門医認定施設
  • 日本病理学会研修認定施設
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本リハビリテーション医学会研修施設

トップへ

患者満足度調査について

当院では、患者様のご要望に沿った病院運営を行うため、毎年1回「患者満足度調査」を実施して患者様のご意見をお聞きしています。ご協力いただいた患者様に厚く御礼申し上げます。
いただきましたご意見を元に、今後のサービス等の更なる充実に努めてまいります。

平成30年度 患者満足度調査結果の概要