独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

看護部のご案内

看護師募集案内

看護単位(病棟・手術室・外来)の紹介

看護単位(見たい部署をクリックしてください)
A棟2階
(呼吸器外科・整形外科・
呼吸器腫瘍内科)
A棟3階
(脳神経内科)
A棟4階
(呼吸器内科)
閉鎖中
A棟5階
(神経内科)
A棟6階
(呼吸器腫瘍内科)
B棟1階
(筋ジストロフィー)
B棟2階
(筋ジストロフィー)
RICU
特定集中治療室/
呼吸器疾患に特化したICU
療養介助員 手術室 外来
(看護外来を含む)

A棟2階病棟(呼吸器外科/整形外科/呼吸器腫瘍内科病棟)

呼吸器外科では、胸腔鏡下で気胸や悪性腫瘍の肺切除、手術以外では手術後の検査・術後の化学療法からターミナル期の入院を受け入れています。
整形外科では、関節リウマチ・変形性関節症や脊椎疾患等の検査・治療・手術・リハビリテーションの患者さんが入院されます。
呼吸器腫瘍内科では検査・化学療法・放射線療法の患者さんが入院されます。患者さんが安心して手術・治療がうけられるよう看護を実施しています。また、リハビリテーションや緩和ケアチーム等チーム医療を行っています。

A棟3階病棟(神経内科病棟)

神経内科病棟で、神経・筋疾患の患者さんが入院されています。神経・筋疾患は、嚥下障害、運動機能低下などの症状があるため、患者さんに合わせた日常生活の援助を行っています。患者さんがその人らしく生活できるよう、MSW、ケアマネージャーなど院内・院外の多職種と連携し、在宅支援を行っています。また、退院前・退院後訪問を行い、安心して退院できるようチームで支えています。

A棟4階病棟(呼吸器内科病棟)



A棟5階病棟(神経内科病棟)

パーキンソン病の患者さんが入院されています。リハビリや内服調整、不眠の改善等に効果のある高照度光療法、食事療法、運動療法を行っています。生活リズムを整えることで、治療の効果が上がります。看護師と一緒に病棟内でのリハビリや、運動療法として卓球や、嚥下体操を定期的に実施しています。 また、睡眠時無呼吸症候群の1泊2日検査入院を受け入れ、睡眠の看護外来も実施しています。

A棟6階病棟(呼吸器腫瘍内科病棟/現在はCOVID-19専門病棟)

COVID-19感染患者専門病棟です。感染管理しながら看護しています。面会制限があり、できるだけ患者さんの様子をご家族へ伝えるなど、患者・家族とのコミュニケーションを心掛け、精神的支援に努めています。 新しい治療薬を導入することが多いため、定期的に勉強会、多職種合同カンファレンスも行っています。

B棟1階病棟(筋ジストロフィー病棟)

病状進行に伴う呼吸不全、呼吸器合併症、および心不全の治療が行われており、患者さんに応じた看護を実施しています。9割の患者さんが人工呼吸器を装着されており、臨床工学技士と連携しながら人工呼吸器管理をしています。ロボットHALによる歩行リハビリの目的で入院される患者さんもいます。

B棟2階病棟(筋ジストロフィー病棟)

肺炎などの治療を目的とした短期入院と療養を目的とした長期入院の患者さんを受け入れています。ほとんどの患者さんが人工呼吸器を装着しており、呼吸器管理など高度な看護技術が必要です。さらに、一人ひとりに合ったきめ細やかな日常生活援助などの看護を提供しています。また、生活指導員や保育士が中心となり七夕などの行事を開催し、リラクゼーションが図れるようにしています。医師、療養介助専門員(介護福祉士)、臨床工学技士など多職種と連携し、安心・安全な療養環境とサービス向上に努めています。

RICU病棟(特定集中治療室/呼吸器疾患に特化したICU)

対象患者さんは、➀急性、慢性呼吸器疾患、神経筋疾患の呼吸状態の悪化(急性増悪含む)により人工呼吸器管理、・循環動態管理が必要な患者さん、②術後急性期管理が必要な患者さん、③新型コロナウィルス感染症関連の人工呼吸器管理・循環動態管理が必要な患者さんです。医師など多職種と連携し、チーム医療を実践しています。プライバシー、家族援助、精神援助に留意し継続看護を行っています。 手術対象の入室患者さんには術前・術後に病室を訪問し、不安軽減や環境調整に努めています。

手術室

周術期看護として、
呼吸器外科は、胸腔鏡下手術が多く、近年は単孔式胸腔鏡下手術も実施してます。
整形外科手術は、脊椎内視鏡、人工関節置換術等です。
神経内科は、ヌシネルセン治療(スピンラザ注射)を行っています。
気管支鏡検査、脊髄造影検査、CTガイド下生検等の侵襲的検査の看護も実践しています。 患者さんの代弁者として安全・安楽に手術が受けられるよう周術期看護・検査時の看護を提供しています。手術前外来(看護外来)において外来通院時から術前介入し、患者さんが不安なく入院を迎え、手術に臨めるように取り組んでいます。

外  来

標榜診療科は、呼吸器内科、呼吸器外科、神経内科、整形外科、リハビリテーション科、放射線科等18診療科で筋ジストロフィー、物忘れ、すくみ足、呼吸不全、息切れ、リウマチ、骨粗鬆症、睡眠外来等の専門外来も行っています。呼吸・神経筋疾患の専門病院の中でも、他院に比し障害の重い患者さんが地域社会で生活するケースが多く、呼吸器装着患者さんや酸素療法、経管栄養などを行う患者さんが来院受診されます。

トップへ