独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

患者様へ

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、膝関節の退行(加齢性)変性・摩耗が基盤となり、骨、半月板、靭帯などの関節を構成する組織に炎症反応や増殖性変化、変形性変化が生じ、結果的に関節機能が低下するとともに疼痛をきたします。
変形性膝関節症の治療の基本は保存治療(非手術的治療)であり、大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)の筋力増強や関節の動きを維持する運動、日常生活動作の改善や内服やヒアルロン酸の関節内注射などです。それらの保存的治療については当院で十分に対応できないことが多く、ご自宅近くの開業医の先生をご紹介させていただいております。

手術治療について

保存的治療で十分な効果が得られず、日常生活への支障が大きい場合には手術が選択されます。状態により関節鏡を用いたクリーニング(変性した半月板などの切除)や人工関節置換術などを行います。当科では問題ない部位はできるだけ温存するとの考えのもと、適応症例には膝関節の内側もしくは外側だけの関節を入れ替える単顆型人工膝関節置換術を積極的に行っております。また変形の強い症例には適宜ナビゲーションシステムを用いるなどより正確に手術が行えるよう留意しております。
手術後の疼痛軽減のために麻酔科の協力のもと神経ブロックや各種薬剤を併用し、最大限の努力を行っておりますのでご安心ください。 人工関節置換術を行った場合、通常3-4週間の入院で日常生活への復帰を目指しますが、当院では必要に応じて入院期間を延長することにより、リハビリテーションのために転院いただくことは稀です。

人工膝関節全置換術

トップへ